お知らせ

議会報告動画をご覧ください(金子あきよ市議)

2月議会報告動画をアップしました。

↓こちらから、ぜひご覧ください。

 

日本共産党さいたま市議団 – YouTube

 

*金子あきよ市議「一歩前進!10万円の子育て給付金、対象が拡大!」

議会報告動画をご覧ください(とりうみ敏行市議・神田よしゆき市議・久保みき市議)

12月議会報告動画をアップしました。

↓こちらから、ぜひご覧ください。

 

日本共産党さいたま市議団 – YouTube

 

 

*とりうみ敏行市議「さいたま市庁舎移転の考え方」

*神田よしゆき市議「新型コロナ対策/気候危機問題」

*久保みき市議「セルフネグレクトについて」

無料PCR検査はこちらで受けられます

PCR検査可能場所一覧

 新型コロナウイルスが驚異的な早さで感染拡大しています。

 オミクロン株の市中感染の確認にともない、2021 年12 月28 日から感染リスクが高い環境にある等感染に不安を感じる無症状の県民の方は、県内薬局、ドラッグストアにて無料で検査を受けられるようになりました(埼玉県PCR 検査等無料化事業)。


 以下、さいたま市内の無料で検査を受けられる場所です。大変混み合い、予約が必要なところが多いです。在庫不足との声も届いています。党市議団は、検査キットを充分確保して希望者がすべて検査できるよう、また検査箇所を増やすように今後も求めていきます。

2月議会がはじまります

2月1日~3月11日まで、2月議会が開催されます。

2月7~9日には代表質問が行われます。

党市議団から、神田よしゆき・たけこし連の両市議が質問に立ちます。

さいたま市のHPからインターネット中継が行われますので、ぜひご覧ください。

時間が決まり次第、HPでお知らせします。

 

2月議会は新年度(2022年度)の予算編成にかかわって予算委員会が開催されます。

党市議団は、さいたま市の税金の使い方について、厳しく審査します。

ご意見、ご要望などお待ちしています。

2つの給付金 支給が決まる

 国の補正予算を受けて、12月議会で2つの給付金支給が決まりました。

 

子育て世帯に対し、対象児童1人につき10万円を支給

 

 当初、国からは5万円を現金、5万円をクーポンで支給すると発表されていましたが、市民からの強い要望を受けて一括現金での支給になりました。

対象①児童手当受給者等

   (12月27日振込)

  ②高校生等養育者等(1月7日振込)

  ③それ以外の子育て世帯、市が口座状況を把握していない人や、本年10月以降2022年3月31日までに出生した新生児など。申請が必要です。

 ①②の対象者には事前準備されていた「5万円支給」の通知が届きますが、実際は10万円の支給です(申請不要)。

 一方、2021年9月時点で児童手当を受給している人が対象とされていることによって、10月以降に世帯状況が変化したり、経済状況が悪化した人などが給付金を受けられないという問題点があります。改善を求めていきます。

 

 

住民税非課税世帯等に対し1世帯につき10万円を支給

 

 生活保護世帯、住民税非課税世帯、家計急変世帯が対象となります。今後、国会での補正予算成立を受け、市のシステムを構築した上で、対象世帯に通知が届きます。口座番号などを確認する書類を提出した人に対して支給となります。詳細は今後決定されます。

 

↓ 詳しくはさいたま市ホームページへ ↓

 

さいたま市/令和3年度子育て世帯への臨時特別給付を現金一括で支給します (city.saitama.jp)

ページトップへ