議会報告

【議案外質問 総合政策委員会】 地下鉄7号線 延伸先にありきではなく慎重を期して

 2013年12月9日、山崎あきら市議は総合政策委員会の議案外質問で地下鉄7号線事業について取りあげました。

山崎 平成24年度は、埼玉高速鉄道支援事業として、(株)埼玉高速鉄道の経営安定化をはかるために2億6980万円、貸付金として2億7700万円を支出している。事業収益と乗降客数を経年推移でうかがいたい。
市 事業収益は22年度が約81億円、23年度が約80億円、24年度が約83億円。乗降客数は22年度と23年度がそれぞれ約85000人、24年度が約88000人。

山崎 浦和美園駅から岩槻駅までの延伸について、市と県が設置した検討委員会では、累計黒字転換に44年かかるという試算だった。都市鉄道等利便増進法では申請条件が30年以内となっているため、市長は2012年度内の事業着手を5年後に延期すると表明した。具体的にどのようなスケジュールになっているのか。
市 「成長・発展プラン」において、43の方策を策定した。浦和美園と岩槻、それぞれの地区の特色を生かした魅力を創出する中で地下鉄延伸実現につながっていく。

 山崎市議は、「総事業費は770 億円と言われているなか、延伸先にありきではなく、慎重を期していくべき」と主張しました。 

【議案外質問 市民生活委員会】 DV防止 被害者の一時保護と社会就労支援を求める

 2013年12月9日、久保みき市議は市民生活委員会の議案外質問でDV(ドメスティック・バイオレンス)問題について質問しました。

 同年11月12日から25日は、DV防止週間でした。久保市議は、DV防止のパープルリボンの啓発活動のとりくみが弱いことを指摘し、市も改善に前向きな答弁をしました。

 市は平成26年に「配偶者暴力相談支援センター」を設置予定です。久保市議は、センター内への一時保護所の設置を強く求めました。夜間、警察に保護された方が、警察の待合室で一夜を過ごした例が実際にあります。警察は一泊分の宿泊料を出しますが、身も心も傷ついた被害者はホテルなどを探しに行く体力も気力もありません。一時保護所の設置について、市は「他市に設置例がない」などと後ろ向きでした。

 また久保市議は、被害者の自立支援にむけて、福祉的就労の場、職業訓練的な場をつくる必要性を訴えました。市は自立の困難さは認め、まずは心のケアに努めたいというところに留まっています。 

【議案外質問 保健福祉委員会】 さいたま市特定健診の充実を求めて

 2013年12月9日、もりや千津子市議は保健福祉委員会の議案外質問で特定健診についてとりあげました。

もりや さいたま市の特定健診受診率と政令市の順位はどうか。
福祉部長 平成24年度33.4%、順位は仙台市に次いで2位。

もりや 今後も自己負担分を増やさず、検査項目を増やすなど、中身を充実させていくべき。また、未受診者に対する実態調査はおこなわれているか。
福祉部長 平成29年度には受診率60%を目指してがんばりたい。実態調査は電話での聞き取りと3000人へのアンケートをおこなった。

もりや 国保税滞納者は8万5600件に達している。短期保険証、国保証の留め置きという状況の人は健診に行きにくく、病気の発見が遅れ、重症化している。国保税滞納者に対して丁寧な健診の案内をおこなうべきと考えるが見解をうかがう。
福祉部長 改めて周知をおこなうなどの対策をとっていく。

 もりや市議はほかに、県職員住宅跡地(沼影3丁目)への保育所整備の進捗状況を確認し、「敷地面積が広すぎるのであれば公園の建設等も含め、他局とも連携して保育所整備を進めるべき」と提案しました。

地下鉄7号線延伸事業 総事業費770億円 市民の理解を得られない

 2013年12月16日に地下鉄7号線延伸事業について県議会、市議会、推進期成会合同の協議会がひらかれました。
 県議会地下鉄7号線延伸・沿線地域整備促進議員連盟の顧問( 自民県議) から上田県知事の答弁が、推進の方向に変化してきたと報告されました。
 加川よしみつ、山城屋せきの両市議は、東京オリンピックにあわせた埼玉スタジアムまでの延伸に関して、知事が「オリンピック開催に伴う一時的な利用者増加だけで路線を延長することは、将来の安定的な経営を図る上で困難」と答弁していることを指摘。さらに、都市鉄道等利便増進法を活用しても、総事業費770 億円のうち国からの補助は1/3・埼玉高速鉄道が1/3・残りの1/3の負担を県と市でおこなうことに触れ、「県の負担分が不明確。これでは市の財政負担が限界を超え、市民の理解は到底得られない」と強く主張しました。 

【総括質疑】「さいたまクリテリウム」 1億5200万円の追加補正予算

 12月4日の本会議で、追加補正予算が市長提案されました。10 月におこなわれた「さいたまクリテリウム」に対し、1 億5200万円を追加支出し、事業額は総額で約6億円となります。総括質疑に戸島よし子市議がたち、1億5200万円の内容を質しました。

戸島 補正予算の内訳は。
市 主には為替変動による差損額5500 万円、警備強化で4100万円、台風の影響が700万円、予想外の運営経費の追加が4900万円。
戸島 為替変動の内容や、契約の内容は。
市 為替レートの契約時に1ユーロ100円だったが、いまは134円。為替差損は契約条項の記載にはない。
戸島 「予定外の経費」の内容は。
市 パブリックビューイングや観覧席の増設など。
戸島 経済効果は30億円と言っているが、地元にはどんな仕事を発注したのか。
市 会場設営や警備、印刷など多岐にわたった。

 戸島市議は補正予算の内容を明らかにさせたうえで、「そもそもさいたま市自身の魅力でさいたま市を輝かせる努力が必要だ」として、地域振興の視点が弱いまま、クリテリウムに市民の多額の税金をつぎこむ市の姿勢を指摘しました。市は「さまざまな投資、海外との取引など将来的な期待ができる。いままでにない発展性がある」と継続開催の姿勢をみせました。
 この補正予算は、予算委員会に付託され、今後審議されていきます。

ページトップへ